骨盤が開くってどういう事??

女性の方で整体やフィットネスクラブで「骨盤が開いてますよ」と言われたご経験はありませんか?


さてさて、この骨盤が開くという現象は一体どういう事なのでしょうか?


前回の骨盤の傾きについての記事と合わせてご覧いただけると分かりやすくなると思います。


まず、骨盤が開いているという状態を知る為に通常の骨盤の状態を見てみましょう。


左の画像は身体を正面から見た時の骨盤です。

色がついている部分が骨盤と呼ばれる骨の集合体の総称です。

よく手で触診するわき腹の下にあるボコッとした骨は水色の腸骨のてっぺんの部分です。



この状態から腸骨が外側に向かって広がる状態が骨盤の開きを指します。

しかし、実際に真横に開くという動きは骨盤は出来ません。

本当に開いてしまったらこのそれぞれの骨の結合部が避けてしまうからです。


実際にはこの骨盤の真ん中の空洞が大きく開いてしまうのです。

この骨盤の空洞には靭帯が沢山くっついています。

それが女性の場合は妊娠や出産の影響で伸ばされ大きく空洞が広がってしまいます。

仮に妊娠や出産のご経験がなくても女性の場合は、骨盤自体が元々そういう作りになっていますので、長期間骨盤前面に負担がかかる姿勢で過ごしていると徐々に開いてきてしまいます。

靭帯だけでなく骨盤底筋群という筋肉がここにはあり靭帯同様、ほっておくと伸びきって力が入りにくい状態になってしまいますが、この筋肉をしっかり締める事で骨盤は開かず閉じる事が出来ます。


骨盤底筋群を締めると言っても意図的に締めるのはとても難しいので他の筋肉達に力を入れて中に締めてあげます。

お尻、内もも、下腹部の3つがとても大切です。


一番分かりやすいのはお手洗いを我慢してるようなイメージで力を入れると骨盤底筋は締まります(笑)

日常生活で唯一この3つの筋肉が無意識で作用する瞬間です。


この状態を意図的に力を入れて作るには仰向けに寝て、腰と床の隙間を埋めるようにお腹に力を入れ、お尻を内側へ締めます。

そしてその状態のまま両かかとを合わせ内もも同士をくっつけるように力を入れます。

これを仰向けで出来るようになったら立っている状態で同じ事を行います。


ここまで出来るようになったら後は様々なトレーニングでこの姿勢を使っていくだけです。

勿論、トレーニングだけでなく日常生活でも出来ると尚良いです。


最後に、この骨盤の開きと前回の記事の骨盤前傾や腰椎の前湾は併発する事がとても多いケースですのでどちらも重ねて覚えておけると良いですね!


以上、今回もありがとうございました。

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon