食事制限しているのに何故か痩せない人集合!

皆さん

こんにちは!


トレーナーの内田です。


食事制限してるのになんでか体重が変わらない。

おやつも我慢してる。

糖質も食べていない。

油も良い油にしてる。

夜も少なくしてる。



なのに痩せない…


なんで??(´;ω;`)



という方!

気づかないうちに太りやすい、もしくは痩せにくい食生活になってしまっている可能性があります。


まずは一つ目。

「糖質全然食べてないのに痩せない」パターン。


糖質制限のリスクに関しては以前《低糖質ダイエットの落とし穴》の記事に書きましたのでご覧ください。

こちらに書いたように糖質を制限しすぎると、筋肉量や骨量の減少が起き、それによって身体の代謝能力の大幅減少に繋がります。


代謝が減るという事は今までのようにカロリーを使いきれないという事なので、糖質量や摂取カロリー量を制限していてもそれでも余るので身体にくっついている体脂肪をエネルギーに変える事が出来ないので体重が落ちる事はありません。


適量の糖質の摂取は行わないと代謝能力の保持は出来ません。(ここではケトジェニックダイエット法は除きます)

正しい糖質制限を行いましょう!


次に、

「こんなに食べてないのに減らない」パターン。


これは我慢している気持ちが先行して、摂取カロリー量の合計を見てみると実はしっかり食べちゃっているケースが非常に多いです。


糖質という栄養は、実は依存性が物凄く高いので我慢することにストレスを感じやすくなります。

人間の身体はストレスを感じると「セロトニン」というホルモンを分泌させストレスを打ち消そうとします。

セロトニンの分泌の方法は多々あるのですが、糖質依存がある方の脳内は、

「セロトニンを出す=糖質を摂る」になってしまっている事が多いので、そこでも食べれない事の我慢をまた強く感じます。

我慢我慢の連続になっている事で「食べれない→食べてない」の気持ちになるので、他で食べてる内容や実際に食べてる量に気づく事が出来ません。


このケースの場合はまずは実際に食べている内容に気付ける事が大切なので食べたものを書いたり写真を撮ったりして残しましょう。

そして、栄養量とカロリーをきちんと計算をしてみましょう。


勿論、それをする事で実際の量は分かるのですが、食べていない事のストレスは解消していないので、セロトニンを分泌させる為の事しなければなりません。


セロトニン分泌の為に1番大事な事は日の光を浴びる事です。

室内にこもりがちになるとセロトニン分泌が大幅に減るのでなるべく日光浴するよう心掛けられる良いと思います。

中々、日の光を浴びられない人に関してはビタミンDの不足を食事やサプリメントで補うようにしましょう。


大体、この2点を改善できれば体重に変化が見られることは多いです。


思い当たる方は是非、実践してみて下さい!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon