運動前のストレッチは良くない!?

こんにちは!


内田です。


最近よく聞くようになりましたね。

「運動前のストレッチは良くない」




これお客様から結構聞かれる事が多いんですよね。

本当に良くないんですか?

とか

じゃあ何をすればいいんですか?

とかよくお聞きします。


結論としては、

「基本的にはよくない」

といったところでしょうか。


筋肉は力を入れる際、「収縮」します。

逆にストレッチは「伸張」させる行為です。


運動やトレーニング前には当然、収縮させる準備をしなければなりません。

過度に伸ばしてしまうと強い収縮が一時的に出なくなるので運動中力が入らなくなってしまいます。

なので、運動やトレーニング前にはあまりストレッチはお勧め出来ません。


ですが、ここで一つの問題が起きます。

筋肉はどこかの筋肉が収縮する際にはその反対側は伸びるという相反性を持っています。

ももの前側が収縮すれば反対の裏側は伸長します。

つまり、運動やトレーニング中も収縮だけしているだけでなく筋肉は伸長と収縮を繰り返しています。

また、普段運動不足なお父さんが息子の運動会の父母参加競技でアキレス腱を切ってしまったり、肉離れしてしまったりというケースはよくあります。

これは明らかな柔軟性不足です。


こういった側面から運動前にも柔軟性の確保必要不可欠ではあります。


運動前にはじっと静かに伸ばすストレッチよりも各関節を大きく動かすようなダイナミックストレッチという動きを伴うストレッチをするようにしましょう。

例えば前屈なら、伸びきるところで止まるのではなく、一番伸びきるところから弾むように身体を上下させて動かしましょう。


各関節や各筋肉をこの様に動かし温め伸長と収縮を繰り返せるように準備体操するのがベターです。



しかし、「基本的には」と前述したように例外もあります。

あまりに硬くなっている筋肉のせいで他の筋肉の収縮や伸長を邪魔しているケースがあります。

その場合は、力を抜かせる意味も込めてあえてストレッチしてしまった方が良かったりもします。


僕達もお客様の身体に応じて先にストレッチして普段使えていない部分を使いやすい状態にしてトレーニングに入る事もあります。


「基本的には」トレーニング前のストレッチはあまりしない方が良いですがご自身の身体に合わせて行った方が良い部位もあるといった結論ですね。


それではまた!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon