腹筋が苦手なのは腹筋力が原因ではないんですよ

皆様、こんにちは!


トレーナーの内田です。


腹筋が苦手という方非常に多いと思います。

ちなみに僕もそうです(笑)


腹筋が苦手な方は十中八九、学校で行う体力測定の上体起こしが苦手だったという経験が強いと思います。

その経験から上体起こしの動作が苦手=腹筋が苦手というイメージになります。

確かに上体起こしは腹筋トレーニングの一つですが、起き上がりが上手く出来ない原因が腹筋力ではない事が多いのです。

むしろ、腹筋を沢山行う事で逆効果になる事もあります。


腹筋トレーニングが上手く出来ない原因

まず腹筋というのは、ざっくり肋骨の下部から恥骨結合までくっついている縦に長い筋肉です。

この筋肉に力を入れて収縮させると肋骨と骨盤が近づきますね。


ここでご理解頂きたいのが、

仰向け状態で身体を持ち上げる筋肉ではないという事です。


あくまで、肋骨下部が骨盤方向に向かって近づく動きなので、仰向けから肋骨が浮くくらいまでは骨盤を支点として腹筋の力で上半身が持ち上がりますが、腰回りまで完全に浮いて膝に対して上半身がくっつく動作は腹筋の力ではないという事です。


この腰を持ち上げて上半身全体を浮かせる筋肉は腸腰筋と言う股関節を曲げる筋肉です。


では、腸腰筋を鍛えると上体起こしが上がるようになるのかというと少しは変わるかもしれませんが、そこまででもありません。


一番の原因は肋骨が下がらない事にあります。


どういう事かというと、腹筋の力で引っ張れないくらい肋骨下部が上を向いて固まっているのです。


腰を大きく反る形になると胸元は上を向きますね。

そうすると肋骨と骨盤は引き離されお腹(腹筋)は伸びます。



その状態で固定されてしまって腹筋に力を入れようと思っても入らないという事です。

そして、その状態のまま上体起こしを行おうとしても、腸腰筋で股関節から引っ張っても腰の反りが強くなるだけで状態はより悪化します。


何故、肋骨が上を向いて固定されてしまうのか。


様々な原因が考えられますが、一番多いのは『呼吸』です。

腹式呼吸では息を吐く動作で肋骨末端部が下がります。

詳しくはコチラ【肋骨と呼吸


普段からあまり呼気(吐く呼吸)が少ない方は自然と肋骨末端部が開いて上がっている状態になり易いのできちんと吐く練習をするのが一番です。


何故、呼気量が減少するのかというのは、自律神経の影響や普段の私生活、ストレッサー(ストレスの原因)によるものなので、かなりパーソナルな部分になってきます。

その為ここでは割愛します。


以前のブログと同じ締め方にはなりますが、まずは呼吸をしっかりと吐く事とそれに伴い肋骨下部を下げる練習をしましょう!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon