胸郭出口症候群について



トレーナーの内田です。


今回は胸郭出口症候群について書いていきたいと思います。


胸郭出口症候群とは胸郭で神経や血管が圧迫され肩から先に痺れが出たり力が入らなくなったりする症状の事です。


胸郭の動き次第で圧迫が起きるかどうかが違うので特定のポジションや動きで起きてくる事が多いです。


今回はこの症状の特性や原因を探っていきたいと思います。


胸郭出口症候群の詳細

まず胸郭とは、


  • 肋骨

  • 鎖骨

  • 胸骨

  • 胸椎(背骨の上の方のセクション)


の4つの骨から形成される、胸の部分の骨格です。

コチラを見て頂くと分かりやすいと思います。

この胸郭の鎖骨と一番上の肋骨の間に腕神経叢(ワンシンケイソウ)というぶっとい神経の束が通っていて、それが胸郭の色んな動きで骨や筋肉に圧迫され痺れや出力低下が出ます。


勿論、正しい動かし方をしていれば起きない事ですが、一部の筋肉だけ過度に使用、もしくは発達していたり、逆に使えていなかったり、関節面が上手く動かなかったりして挟み込んだり圧迫が起きたりします。


引き起こす原因となり易い筋肉と動き


大きく分けると主に3種類の動きで神経と血管の圧迫が起きやすいです。


  1. 猫背による胸の筋肉の硬縮

  2. フォワードヘッド(首が前に出ている姿勢)による首の筋肉の過緊張

  3. 背中の筋肉の筋力低下によるなで肩姿勢


この3種類です。


全てに該当する点が猫背姿勢や長時間のデスクワーク、スマートフォンの過度な使用などで引き起こりやすいものです。


改善策

まずは原因となっている姿勢を改善しなければなりません。


ご自身の姿勢がが先ほどの1~3のどれに当たるか、若しくは複数該当なのか、人に見てもらったり写真を撮って確認しましょう。


そしてその一つ一つの原因を改善していきます。


胸の筋肉が硬いのであれば、胸のストレッチが必要になりますし、背中の筋力が足りなければ、鍛えてあげます。

フォワードヘッドはかなりデリケートな部分になるので専門家に診てもらう事をオススメします。


勿論、どれも痛みが出ない範囲での動作で行う事が大切なので複数該当の方は、どの動作でも痛くなってしまうかもしれません。

そういう方は十中八九、背骨や胸郭自体がもの凄く硬くなってしまっている可能性が高いので、当ブログおなじみの「呼吸」と「キャットバック」のエクササイズを行ってあげましょう。


呼吸とキャットバックについてはこちら↓

呼吸について

キャットバックについて


症状が強い方は一人で悩まず、まずはご相談ください!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon