背骨は「エロンゲーション」が大切!!

皆様、こんにちは!


トレーナーの内田です。


腰痛や猫背でお困りの方は姿勢や背骨の角度からの影響が非常に強く見られます。


お仕事や学業で座りっぱなしの機会も多く、昨今ではスマートフォンの復旧と利用時間の過多からフォワードヘッドと言って顔が肩よりも前に出ている方がとても多くなっています。


どちらも背骨に対するストレスが強い姿勢になり、猫背や腰痛の原因になります。


当たり前ですが地球上は重力がかかっているので、背骨は縦に伸びているので常に上から押しつぶされています。


座っている時で言えばお尻、立っている時で言えば足元に対して上から押し付けられているという事です。


背骨は頸椎(首)、胸椎(背中)、腰椎(腰)の3つのセクションから成り立っていて、画像の様に椎体という骨が頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個という風に上から並んで背骨を形成しています。



この椎体と椎体の間が椎間板と言って24個連なっている背骨の可動箇所、いわば背骨の関節箇所です。

椎間板は硬めのクッションだと思って下さい。


ここが動いて背骨が色んな向きに傾いたり捻ったり曲がったり伸びたりします。


前述した上からの重力によって、曲がったり潰されたりする箇所はこの椎間板23カ所です。


猫背にしろ、反り腰にしろどういう形でも姿勢が崩れている方はこの椎間板のどこかが圧迫されて潰れたり、過度に曲がったりしています。


この椎間板達は一生モノで潰れたりすると元には戻らないのでなるべく大事に使ってあげたいのです。


どうすれば良いかというと、普段から重力を浴び続けている訳ですからなるべくその重力の圧迫と逆方向、伸ばすという動作そ行ってあげる事が一番のケアになります。


「背骨を伸ばす」という概念

よく背筋を伸ばすと言いますよね。

僕自身よく使うワードです。


これは背骨を一本を棒にするイメージで縦に伸ばしていると思って下さい。


実はこれは背骨自体は伸びていません。


何故かというと、背骨の骨盤側が支点となっているのでそちら側は動かず、頭側から伸びるだけなので、骨盤側は支える力が入っていて伸びていません。


背骨の骨盤側と頭側双方から伸ばしてあげて初めて椎間板にかかっているストレスと常に力が入ってしまっている背骨を支える筋肉の弛緩に繋がります。


形としては背骨が弓なりになっているイメージで背中部分と腰部分が両方とも緩やかに丸くなります。

背中に関しては肩甲骨が上向きに回旋しながら離れて、腰側は骨盤が後傾方向で背骨を長くする感じです。


この動作の事をエロンゲーションと言います。


出来れば重力から解放されている状態で行えるとベターです。


どういう状態で行えば良いの?

一番簡単な動作で言えばキャットバックというエクササイズです。


四つ這いで呼吸を吐きながら背骨全体を丸めていきます。

この時出来る限り長い呼吸で吐いてあげてウェイトは偏らず手足4点にしっかり荷重、手で少し床を押すイメージで出来ると最高です。


全体が中々きれいに丸まらないという方は、ピラティスのリフォーマーという器具を使いながら行うとアシストになり動作を行いやすくなります。


姿勢や腰痛でお悩みの方は是非一度行ってみて下さい。


それではまた!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon