男も女も絶対大切な背中トレーニングのコツ!!

今回は背中のトレーニングについて解説していきたいと思います。


男性も女性もものすごく大切な背中の筋肉。

身体のシルエットを決めるのは背中と言っても過言ではありません。

男性は広い背中を、女性は引き締まった背中を作ることが綺麗な姿勢とボディラインを作る上では必須です。




ダイエットにも勿論効果的です。

褐色脂肪細胞という中性脂肪を燃やす細胞が肩甲骨と脇の下の周りに集中してあります。

背中の筋肉でこの細胞をきちんと刺激してあげられるだけで代謝能力が著しく変わってきます。


最近はテレビや雑誌などのメディアでも背中や肩甲骨周りの運動が大切ですよと特集される事もよく見かけます。

その時によく目にするのが「肩甲骨を寄せる」という動作。

確かにこの内側に寄せるという動作は大切なんですが、ただ寄せるだけだと本来行いたい寄せ方にならない事が多いです。


肩甲骨は寄せる(胸を張る)、開く(猫背)だけでなく他にも沢山の動きがあります。

解剖学的には6方向に動きます。

①寄せる②開く③挙げる④下げる⑤反時計回りに回る⑥時計回りに回る

この内、普段何にも意識していないと②の状態がほとんどで、首に力が入りやすい人や肩が凝りやすい人は③になっています。


先ほどの話に戻って、①の寄せるという動作だけを行おうとすると③の動作が起きている状態(肩がすくんでいる状態)で寄ってしまいます。


④の下げる動作を意識して行いながら寄せる事が大切です。


背中のトレーニングで意識したい肩甲骨の動作は①と④と⑥です。

特に日常的に肩甲骨が下がっていない方はとても多いので④は必須です。


肩甲骨を下げる為に大切な事は背骨の動きと連動させる事です。

肋骨のみぞおち辺りを少し上に向けるイメージで胸を張ります。

ここで大切になるのが腰を反らない事。

ほとんどの方がこの動作を出そうとしたときに、胸を張ろうと思って腰が反ります。

お腹を内側へ引っ込めるように力を入れながらみぞおちを突き出さすと肩甲骨の下側当たりの背骨が反る方向へ動いてくれます。

この動作が出ると肩が下がって肩甲骨がキレイに下がります。


そして、背中のトレーニングをする際はこの姿勢を基本として行いたいです。

背中のトレーニングは大きく分けて、

前から引くローイング動作

上から引くプルダウン動作

の2種類に分けられます。


基本を先ほどの姿勢として、ローイング系の動作の時はなるべく身体の低い位置に肘を外に向けるように引きます。

プルダウン系の時は肩甲骨を寄せすぎず、脇を締めないように真下に引きます。

ローイングもプルダウンも沢山の種目がありますので一部例外はありますが基本はこの応用です。


意外とやってみると難しいのでトレーニング動作中に意識しきれない方はまずこの姿勢の練習から入ることをオススメします。

ローイングの時は肘を引かずに肩甲骨だけを寄せる練習です。

この時に普段行っているよりも少し前かがみになって行うと肩が上に上がらずに出来ます。当然、寄せるときはみぞおちを前に出す意識です。


プルダウンの時はまず上に持ったバーを引かずに肩だけを下げながらみぞおちを上に向ける練習です。

この時に注意しなければいけないのが腰の反りです。

腰が反れて胸元が上に向くのではなく、お腹の力を入れて肋骨からみぞおちを上に向けるイメージで姿勢をとります。

この姿勢取りの練習を繰り返し行うだけで背中を使い慣れていない方は疲れると思います。


どのトレーニングもそうですが背中のトレーニングは特に姿勢とフォームの意識が大切です。


例のごとく分からない方は是非一度聞きに来て下さいね(笑)

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon