減量開始前、思うコト

最終更新: 2月19日

皆様、こんにちは!


トレーナーの内田です。


今回の内容は知識的な内容でなく僕内田個人の考えをつらつらと書き連ねようかなぁなんて思ってます。

決してネタ切れ現実逃避じゃないですよ(笑)


年が明けて早1ヶ月。

今年の目標や年間スケジュールなんかを設定して、それと並行してコンテストスケジュールもほぼ決まってきました。

そうなってくるのが、そう『減量』。


減量やダイエットと聞くとコンテストに参加している選手の方々もそうですし、一般的にも辛いイメージが多いですよね。

もちろんそうですし、僕自身しんどいなぁとか、嫌だなぁって思う気持ちがない訳ではありません。

最初の頃はそんな気持ちの方が勝ってたんですが、去年あたりからは結構変わってきてて「楽しみ」の方が強くなってきました。


こう言うとドⅯなんじゃないかと言われるんですが(笑)そうではありません。


理由としては、去年より自分がどう変わったか、どのくらい筋肉がついたか確かめたいという好奇心が1番です。


我々コンテスト選手(通称コンペティター)は減量開始からコンテスト終了までのオンシーズンと増量している時期のオフシーズンの2つの時期に分けられ、オフシーズンに筋肉をつけ、オンシーズンに脂肪を燃やしているイメージです。

(あくまで平均的に多い傾向の例なので勿論違う方々もいらっしゃいます)

オンシーズン中に筋肉が増量する事はありません。


つまり、オフシーズンにどれだけ筋肉がつけられたかは、オンシーズンに脂肪を削り落として初めて分かるのです。

勿論、体組成計に乗って筋肉量の数値を見たり体重から体脂肪率を引いたり数値での概算の筋肉量は算出出来ます。

しかし、我々は見た目の競技。

増えた筋肉がどこにどのくらい、どういう着き方をしてるかが本当に大事。

トレーニング自体も自分の身体に対してこういう風に筋肉をつけようとかここを重点的にやろうとか色んな事を考えながら行います。

果たしてそれが上手くいっているのか。

それって最後の最後は絞り切らなきゃ分からないんです。


その自分のやってきた事への答え合わせや、自分の身体への探求心といったところでしょうか。


その気持ちが年々強くなってきてて、気づけば早く絞りたい気持ちを抑える程になりました。


減量をするのが嫌だなと思う気持ちが何故こうも変わってきたかというと、それは自分の身体と向き合う事が増えたからだと思ってます。


コンテストに出ずともトレーニングやちょっとした食事管理は昔から行ってきていました。

当然トレーニングも食事も以前から考えながら行っていましたが、気持ちは漠然と大きくなりたいというようなものでした。


それがコンテストを始めてからは、オンオフ問わず毎日体重計に乗り、鏡を見て、体調を気にしたり、自分自身の身体と向き合う時間が増えてきました。

それによって身体の小さい変化も気がかりになり、トレーニングによる効果もより細部に敏感になりました。


気になれば気になる程、勝手にトレーニングはハードになっていくし、食事もより気にかけたものになるんですが、それもきついという気持ちよりも「もっと強くなりたい」とか「これを食べれば」とか「これを我慢すれば」という結果を追い求める気持ちが強くなり、それが楽しく感じられるようになりました。


だから、ダイエットも減量も筋トレもどれも辛いものかもしれないけど、どれだけ自分と向き合えているかが大切なんだなと最近、実感しました。


自分の現状から逃げたくなる気持ちは誰でもあると思いますし、楽して痩せられたらと誰しもが思います。

でも、それは痩せたい気持ちに対して現状の自分と向き合う機会が少ないからなのかなと僕は思いました。


ちょっとクサい言い方をすれば自分の身体の声を沢山聞いてみて下さい(笑)


何かを始める前は多分それが一番前向きにコトを成せる方法なのかなと思います。



体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon