日頃のトレーニング、3Ⅾに出来ていますか?

皆様、こんにちは!


トレーナーの内田です。


トレーニングにおいて大切な要素の話をしたいと思います。


突然ですが、人間の身体の動きは3Ⅾです。


前後、左右、そして捻りの動き。


これらの3種類の動きを満遍なく使う事が身体活動、トレーニングにおいてはもの凄く大切です。

偏りが出れば出る程、関節やそれを支えている腱や靭帯にストレスがかかり、傷めやすくなります。


具体的な説明をしていきましょう。


3種類の動きとは

まずはコチラの画像をご覧ください。




ちょっと数学っぽくて嫌ですね(笑)


この3つの面から見た動きをなるべく均等に行って行きたいっていう話です。


まず、一番動きが多く起きやすい矢状面です。

これは身体を横から見た時の動きです。

身近なのは歩行動作ですね。

歩く時は脚を前に出して後ろに蹴るという横から見た時に出ている動きです。

腕を前に上げたり、後ろに引いたり、前後屈の動きなんかもそうですね。


次に前頭面。

これは前額面ともいって、身体を正面から見た時の動きです。

主に腕や脚を開いたり閉じたり、側屈動作(身体を横に倒す動作)なんがそうです。


最後に水平面。

これは真上や真下から見た動きです。

腕や脚、体幹部の捻り動作ですね。

あとは手を真横に広げた状態から閉じるのもそうですね。


簡単にまとめれば、矢状面は前後の動き。

前頭面は横の動き。

水平面は捻りの動き。


トレーニングではこの3種類の動きを満遍なく使ってあげる事を大切に行えると良いのです。


トレーニング、日常動作での偏り

日常動作でもトレーニングでも圧倒的に矢状面の動きに偏ります。


歩いたり、何かを取ろうと手を前に伸ばしたり、圧倒的に横や捻りの動きに比べて前後の動きは多くなります。


実際問題、人間の間は前についてますからこれ事態は仕方のない事です。

街中で蟹歩きをしてる人がいたらかなり怪しいですしね(笑)


その分トレーニングでは他の2面の動き、前頭面と水平面の動きを沢山行ってあげたいのです。



しかし、トレーニング動作でも矢状面の動きが多くなりがちです。

スクワットやデッドリフト、ローイングやプルダウン。

脚や背中周りのトレーニングはほぼ矢状面の動きになってしまい、前頭面も入ってくるのですが、割合としてはかなり少なくなりがちです。

主に胸のトレーニングが水平面上の動き、肩のトレーニングでは前額面の動きになりますが、トレーニング全体を通して考えると矢状面が占める割合はかなり多いです。


前頭面や水平面を多くする為のコツ

これは胸や肩の筋肉のトレーニングを沢山行いましょうという訳ではありません。


矢状面の動きが多くなりがちな脚や背中のトレーニングでも前頭面や水平面上での動作を入れていきましょうという事です。

股関節や膝の曲げ伸ばしは全て矢状面の動きになります。

この他の脚や肩を開いたり閉じたりというトレーニングも同等に行う事です。


単純に脚を開いた状態から内側に締める内もものトレーニングや股関節の捻り動作。

腕を横に広げている状態から脇を締めるのは背中の筋肉の作用です。


この様な動作もちゃんと行なって身体の動きの偏りを減らしていきましょう!



体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon