下っ腹を引っ込めたい人がやるべき腹筋

こんにちは!

トレーナーの内田です(^^)/


今回は下っ腹をキュッとすっきりさせる為の内容です。


いらっしゃるお客様でお腹が気になるという方の8割~9割は下っ腹が特にとおっしゃいます。

ウェスト周りが細くても下っ腹だけ出ているというケースもありますし、痩せていく過程で下っ腹だけ引っ込んでいかないといった事もあります。


下っ腹が特に気になる、下っ腹だけ出てる理由はお腹の筋肉で一番力が抜けやすい箇所だからです。

力が抜けやすい理由は多々あります。

姿勢的な問題が一番大きいのですが、本来下腹部に力が入って骨盤を安定させて重心を真ん中に保つのですが、腰や前ももの筋肉に力が入って支えてしまうと骨盤が引っ張られ下腹部の力が抜けてしまいます。

下腹部のたるみ以外にも慢性的な腰痛や前ももの強いハリ感、ふくらはぎ周りのむくみにも繋がります。


下腹部に力が入って立てればその改善にも大きく繋がります。


それでは下腹部に力を入れる為のトレーニングです。


①仰向けに寝てお尻の上にくるように脚を上げます。

手は手のひらを床に向けてついておきます。

膝はなるべく伸ばしますが完全に伸びきらなくても大丈夫です。

伸ばそうとしすぎてしまうと前ももに力が入りすぎてしまうので、出来る範囲で伸ばしましょう。





②天井の方向に向かって脚を上に上げます。

お尻が床から浮くところまでしっかり上げます。

手は床を少し押してあげて、上げる高さはお尻が浮いて腰が浮かないくらいです。

上げた際に脚が顔の方向に倒れないように気を付け、なるべく垂直に天井の方向に上げます。

最初は真っすぐ上げるだけできついのですが、出来る場合はなるべくゆっくり上げて、お尻が浮いたところで止められるようにしましょう。



③これを15回程度繰り返します。

上げ下げを繰り返す際に脚が大きく振れないように気を付けましょう。


無理をせずお腹に力が入りやすい様に呼吸を止めないで行いましょう。

息を吐きながら上げるのが理想ですが、最初はどちらになっても大丈夫です。

また、行っている最中に腰が痛くなったり張ってきたら止めましょう。


鍛えるというよりは普段使われなくなっている下腹部の筋肉を使えるように起こしてあげるトレーニングです。


使えるようになる事に大きな意味があり、前述したように普段の姿勢でちゃんと使えていたいので大きな力は要りません。


そうすれば下腹部のたるみやポッコリが自然となくなってきます。


習慣にする事が大切ですよ。


それでは是非試してみて下さい!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon