ヒップラインは股関節の可動性

こんにちは!


トレーナーの内田です(^^)/


今回はヒップライン作りに非常に大切な股関節の動きについてです。


股関節とはお分かりの方も多いと思いますが骨盤帯と大腿骨の関節です。


その骨盤と大腿骨を身体の背面でつなぎ合わせているのがお尻の筋肉です。

お尻の筋肉という表現をすると数種類ありますがここでは主に大殿筋を指す事にします。


このイラストはお尻側から見た骨盤です。


イラストの様に大殿筋という筋肉は骨盤の中央から大腿骨の外側へ筋肉がついています。


これに以前の記事にある中殿筋という筋肉があり主にお尻の筋肉を作っています。(他にも幾つかありますが挙げだすときりがないので、ここでは割愛します。


細かい機能の違いはありますがこのお尻の筋肉は、股関節を曲げた時にストレッチされ、伸ばした時(脚を後ろに引く動作)に収縮します。


以前当ブログでも記事に上げたお尻のトレーニングの代表でもある

ルーマニアンデッドリフト」、他に良く行われる事の多いお尻トレーニングとして、

ヒップスラスト、ブルガリアンスクワット、ワイドスクワット等々ありますが、これらには共通点があります。


負荷のかけ方や角度の差はありますが、いずれも「股関節屈曲位から伸展角度0度まで」のトレーニングという事。

要は股関節が曲がっているところから力を入れて身体と水平までのトレーニングという事。

殿筋群、特に大殿筋の収縮位(最も力の入るポジション)までは動作が起きていないという事です。


どの部位の筋肉にも言える事ですが可動域をある程度全面に渡ってトレーニングする事が大切です。


上記のトレーニングはどれもとても良いトレーニングですし僕もお客様に提供する事の多いトレーニングです。

ですが、これらだけですと可動域が足りません。

具体的に言うと、これらの伸ばす事が中心の種目だけだとお尻とももの境目は出来てきますが、お尻が上に上がってきません。


なので、股関節を伸ばす(脚を身体のラインよりも後ろに引く)動作が必要になってきます。


ご自宅で簡単にできるトレーニングとしては、

うつぶせに寝て、片方ずつ脚を上に上げる動作を行いましょう。

簡単なようですが、幾つか注意点があります。

・膝が伸びている事

・腰を反らない、捻らない事

・足首は力を抜く事(入ってしまう場合は、逆にする)

・少しだけ外側へ上げる事

以上の点に注意して行えると股関節がきちんと動きます。


これを応用すると歩行時にも同じ力が入るようになります。

歩いてる時に後ろに脚を引く際お尻がキュッと力が入る感じです。


普段お尻のトレーニングやってるけどこっち側のトレーニングはあんまりやってないという方、是非お試し下さい。

そして、やってもあまり効いてる感がないという方は是非お問い合わせ下さい。


正しいお尻の使い方をお教えいたします<(_ _)>

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon