トレーニングに最適な時間帯はいつ?

こんにちは!

内田です。


今日は寒いですねー💦

1月の気温らしいです。

これから12月にかけて寒さも厳しくなりそうです。

以前のブログに書いたように身体を温めて寒さに負けない身体づくりしていきましょう!


今回はお客様からご予約を頂く際によく聞かれる質問について。

「その日は休みなんで何時でも大丈夫なんですけど、トレーニングって何時くらいにするのが良いんですか?」


ここまでトレーニングに対して向き合って頂けて嬉しい限りです。


トレーニングを行うのに適した時間帯は何時~何時というのはそこまでありません。

どちらかと言えばこういうタイミングでしましょう、

これは避けましょう、

という事がありますね。


トレーニングを行う時間的ポイント

(ここでは筋力トレーニングの事についてなので、有酸素運動や競技系トレーニングは除きます。)


①起床直後と就寝直前は避ける

起床直後はまだ交感神経が働いていなく身体が起きていません。

また、筋肉もほぐれていなく硬い状態で関節の稼働もスムーズではないのでケガの原因になります。

エネルギーも就寝時の代謝で使っている後なので、その状態で筋肉を強く使う運動をすると筋分解の要因にも繋がります。

就寝直前にトレーニングを行うと交感神経が働きすぎて副交感神経に切り替わらず良質な睡眠の妨げになる可能性があります。

また、筋トレした後はたんぱく質や糖質の補給が必要なのでその食後2~3時間は消化に時間がかかるのですぐ寝るのはよくありません。


②食後直後は避ける

基本的に胃にものが入っている状態でのトレーニングは消化不良の原因になるのでよくありません。

各栄養や食材によって消化時間は異なりますが、少なくとも食後2~3時間は空けた方が良いでしょう。


③ダイエット目的の場合は空腹状態がオススメ

お腹が空いている状態でのトレーニングは脂肪の燃焼が促進されます。

但し、朝から何も食べずに夜トレーニングをするといったような、著しい飢餓状態に近い状態で行うのは当然よくありません。

低血糖や貧血になる恐れがあります。


④糖質を適正量入れて消化した後にトレーニング

トレーニングでは糖質をエネルギーとして使うので糖質不足になると力が出ません。

(ケトーシス状態は除く)

糖質を大体、除脂肪体重の1~2倍g摂取して消化に2~3時間空けてトレーニングを行うとしっかり力を出せて良いでしょう。


以上がパフォーマンスの良いトレーニングをする為の時間的なポイントです。


しかし、普通にお仕事や学業をしていると中々そう上手くも出来ない事が多いと思います。

これを書いてる僕自身、深夜帯にトレーニングをする事も多いです。


そういった時間を捻出するのが難しかったりこの時間でしかトレーニング出来ないという方は色々工夫して行う事も出来ます。


例えば朝しかやる時間がなく、それが起床1時間以内という場合。

まず、食事が取れないので液状で糖質が摂れるものを摂取したりコーヒーを飲んでカフェインを摂取して交感神経を起こしてあげたりすると良いでしょう。


仕事が終わった後ジムに行くから丁度良い時間に食事が取れていないという方は、上の例のようにトレーニング前に液体状のものでの摂取やトレーニング中のドリンクでの糖質とアミノ酸摂取をしっかり行う事でパフォーマンスを保てます。


こんな感じで工夫をしながら良いトレーニング習慣を作っていきましょう!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon