ダイエット中の停滞期の打破の仕方

こんにちは!


トレーナーの内田です。


ここ最近季節的になのか、ダイエット目的のお客様が増えてきました。

まずダイエットに大切なのは計画性です。


何日間をかけて体脂肪をどのくらい落とすのか。

きちんと無理のない範囲で期間と目標を決めてそれをもとに摂取カロリーとそれぞれの栄養の配分を決めます。


この点に関しては以前の記事をご覧ください。

ダイエット中のカロリーコントロール


そして、それを実行していくわけですが、最初は予定していた通りより少し早いペースで体重は落ちていく事が多いです。

良いペースで落ちているなぁと思っていると…やってきます。


停滞期が!




順調に落ちていると思いきや急に体重の落ちが止まります。

それも何日間も体重計に乗れども乗れども変わらず…




さて、これをどう打破するかという問題です。


まず一番やりがちなのが、落ちないからとにかく食事量を減らして運動量を増やす事。

体重が落ちない=摂取が多いという考え自体は間違っていません。

根本的にスタート時から落ちないのであれば食事を見直す必要があります。

ですが、この場合落ち続けていて摂取カロリーと栄養量を変えてないのに急に落ちなくなったので、本来落ちるべき量しか摂取していません。


逆に、ある一定量より摂取カロリーや摂取栄養量を減らしすぎると体重や体脂肪は著しく落ちにくくなってしまうので絶対に止めましょう。


停滞期が訪れる大きな理由は人間の本質にあります。


人間の身体はホメオスタシスといって恒常性維持機能というものがあります。

これは、人間の身体は常に一定に保とうとする生態的働きの事を言います。


例えば、暑くて体温が上がった際に下げる為に汗をかきます。

この様に身体に変化が生じた時、その変化を止める為の機能です。


ダイエットを始めエネルギーとして脂肪を分解し始めると、身体から脂肪が徐々に少なくなっていきます。

勿論良い事なんですが、身体としては元々身体に貯蔵しているエネルギーが減っていくので飢餓に近づいていると勘違いをしてしまい、恒常性の機能を働かせ、脂肪の分解を止めてしまいます。


具体的に言えば摂取カロリーよりも消費カロリーを少なくさせて、身体のエネルギー使用をなくそうとするという事ですね。

簡単に言えば省エネ体質になるという事です。


エネルギーを使わないように筋活動が起きづらくなったり、基礎代謝能力が落ちるので食欲減退、思考能力の低下が始まります。

これが起きてきた段階で更に摂取カロリーを減らしてしまうと、更に身体は省エネになってしまうのでもっと脂肪を燃やさなくなってしまうので、負のループです。


ではどうするか。


解決方法は幾つかあるのですが、一番簡単なのは摂取カロリーや栄養量を変えず待つ事です。

過度なダイエットでない限り、脂肪のエネルギー分解には問題ないので何日間か待ってあげれば身体は飢餓状態にはならないと理解してくれるのでまた消費カロリーがいつものように元に戻ります。

この記事の冒頭で書きました計画性の大切さがここで生きてきます。


この恒常性機能も視野に置いて計画を立てれば途中で止まった時も何も焦る事はないので、きちんと良い食生活を継続しながら待つことが出来ます。

結果として目標期間内に目標の数字をクリアする事が出来ます。


勿論、いつまでにどのくらい落ちて恒常性が働いてどのくらいの期間停滞するかという予測も込みで計画を立てないといけませんし、これは人によって全然違うのでご自身の身体に合った計画が大切です。


予測と計画が中々お一人では難しい方は是非一度お話だけでもお聞かせに来て下さい!


皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしています。

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon