ダイエット中のお酒について

こんにちは!


トレーナーの内田です。


さて、ダイエット中の飲みの機会、ありますよね?

お仕事関係の会食や人とのお付き合い、冠婚葬祭等々どうしても避けられない現場が出てきますよね?


皆さんはどう乗り切ってますか?


また、飲酒習慣がある方でお酒がやめられない方は飲み方を工夫したりしていますか?


そんなダイエット中のお酒についてのお話をしていきたいと思います。




まず、根本的なお話としてダイエット中にお酒を飲むことは悪い事なのか。


これは結論から言えば、ダイエット中には基本的に飲まないに越した事はありません。

アルコールは三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)と同様、カロリーを持っています。


これが1g7kcalで糖質やたんぱく質よりも多いカロリーなのですが、実はこれ自体に特に問題はありません。

このアルコールが持っているカロリーは「エンプティーカロリー」と言って身体に入ってきた時に優先的に消費されるカロリーなのでこのカロリーが体内で余剰して中性脂肪になる事はさほどありません。


アルコールの何が問題かというとこの優先的に消費されるという事です。


アルコールが身体に入ってくるとアルコールのカロリーを最優先で消費、代謝しようとします。

このアルコールの代謝に多くの酵素やビタミンを使い浪費してしまいます。

本来、酵素やビタミンは他の有益な栄養の吸収や代謝に使いたいところなのですが、このアルコールを代謝している間は一切他の事に使えません。


筋肉を合成したり脂肪を燃やしたりも当然出来ない訳です💦

ダイエット中は特に困りますね。


そのアルコールの代謝にメインで使われているのが体内の糖質です。

糖質は身体の中で筋肉内に保存をしている筋グリコーゲンと肝臓内に保存している肝グリコーゲンがあります。

アルコールを代謝する上でメインに使うのは肝グリコーゲンです。

アルコールは肝臓で分解されますからね。


この肝グリコーゲンは元々の貯蔵量が少なく直ぐなくなってしまいます。

肝グリコーゲンがなくなってしまうと、当然筋グリコーゲンを使います。

ガンガン筋グリコーゲンを消費していきます。

この筋グリコーゲンの消費によって筋肉の分解が始まります。


前述したようにアルコールが身体から代謝し終わるまでは筋合成は出来ないので分解されっぱなしです((+_+))


つまり、まとめるとアルコールを飲む事のダイエットやボディメイクへの弊害は、

①アルコールが身体から代謝されきるまで筋肉を作ったり脂肪が燃えたり出来ない

②アルコールを飲むと筋分解を起こしやすくなる


というこの2点が大きく問題なのです。


この2点はアルコールを飲むと確実に起こる事なので防ぐ事は残念ながら出来ません_| ̄|○


最初に書いたように飲まないに越した事はありません。

ですが、この負担を減らす事は飲んでる最中や飲んだ後の意識で出来ます👍


どうするか…。


続きはまた次回!!(笑)

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon