オープンシザースシンドローム

皆様、こんにちは!


トレーナーの内田です。


今回は姿勢に関して。

姿勢に関しての内容は沢山書いてきましたが、その中の内容に正しい姿勢について書いたものがありました。

コチラの内容です。


美しく見える姿勢=正しい姿勢ではないという内容でした。


この美しく見える姿勢はあるべき姿勢よりも骨格の位置や向きが逸脱しすぎて負担が大きくなっていて、この事を、

オープンシザースシンドローム

と言います。


以前の記事でも出てきた画像ですが、

このように横から見た時に骨盤が前斜め下向きで肋骨末端部が上に向いて開いている状態。

右のイラストのようにはさみが開いているような形からこの様な名前で呼びます。


このオープンシザースシンドロームは呼吸やストレス、自律神経、筋肉の過緊張など、様々な理由から起きます。


弊害も色々あって何が一番良くないかっていうのは挙げづらいですが、その中でも自律神経の副交感神経が抑制されてしまい、交感神経が働き続け常に身体が興奮状態になってしまうというのが怖いところです。


オープンシザースシンドロームの更なる恐怖

この姿勢になってしまう理由の一つとして、呼吸が挙げられます。

呼吸についてのブログ


このブログの内容の様に、


  • 吸気:肋骨が開き、交感神経が優位に

  • 呼気:肋骨が閉じ、副交感神経が優位に


なります。


また、交感神経が優位に働くと自然と筋肉は過緊張になり、伸展筋といって各関節や背骨を伸ばす筋肉が優位に働くようになります。


肋骨が開きやすくなっているところに更に腰の反りが入りはさみの開き加減が増えます。


こうしてオープンシザースシンドロームの姿勢へとなっていきます。


こうなると常に、


  • 伸展筋優位

  • 交感神経優位

  • 肋骨と骨盤が開く


の状態が続きます。


そして、身体を支える上で大切なインナーユニットというお腹周りのインナーマッスルが4種類あるのですが、この4種類がそれぞれの役割が果たせない状態になってしまい、本来その筋肉達で支えるべきウェイトが腰へ強い負担となり掛かってしまいます。


それだけではなく骨盤を支える骨盤隔膜というハンモック上の隔膜が下がり過緊張状態になり、尿失禁や排泄異常性機能障害を引き起こす可能性が出てきます。


更にこの骨盤隔膜の機能低下によるこのような症状が出てきた際にそれをカバーする為にお尻や内ももの筋肉、あるいは腹筋群でグッと締める力を入れすぎる傾向にあります。


そうすると、骨盤角膜はもっと機能低下をしてしまうという負のスパイラルになります。


まとめ

大事なのは、単なる反り腰として済まさない事です。

そして、それを改善する為に腹筋運動をしたり、臀部の筋肉の強化をはかると逆効果になりえてしまいます。

反対にそういったトレーニングをしすぎてオープンシザースシンドロームを引き起こす事もあります。


  • きちんとインナーユニットを使える身体でトレーニングをする事。

  • 症状が少しでもある方はインナーユニットのトレーニングから始める事。


この辺りが大切でしょうか。


気になる方は是非一度ご体験にいらして下さい。

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon