くびれの為のインナーマッスル

こんにちは!

トレーナーの内田です(^^)/


前回に引き続きくびれづくりに必要な事を書いていきます。


前回はまず第一に大切な事は柔軟性ですという内容をやりました。

前回のブログ


今回は鍛えるべき筋肉についてです。


多くの方がイメージされるのはまず「腹筋」運動。

続いてわき腹の筋肉の「捻り」を使った腹筋。


どちらも間違いではないんですがウェストを細くする、又は体の中に向かってえぐらせる為には必要な事とは少しずれてきます。

間違ったやり方で続けてしまうとウェスト周りが太くなる事もあります。


大事なのは「表層筋ではなく深層筋」です。


腹筋運動や捻りの腹筋等で使われるお腹の筋肉は腹直筋、外腹斜筋といった表層筋です。


今年の6月の僕です(笑)


この写真の正面で割れている、いわゆるシックスパックを形どっているのが腹直筋。


少し見づらいですがその横で腹直筋に対して斜めに線が入っているのが外腹斜筋です。


どちらも大切な筋肉ですがこの様に表面に出ているように表層筋という筋肉です。


くびれを作る為にはこの裏側にある深層筋、インナーマッスルと呼ばれる筋肉を鍛える必要があります。


具体的には、腹直筋の裏側にある「腹横筋」、外腹斜筋の裏側にある「内腹斜筋」です。


どちらもお腹を身体の内側に向かって引っ込めたりえぐらせる筋肉です。

鍛える為に注意すべきことはどちらもインナーマッスルなので強い力を持っていない事です。


重い負荷をかけたり強い力を出そうとすると反応するのはインナーではなくアウター、表層筋です。


腹横筋、内腹斜筋それぞれ単独で使う事をしなければなりません。


一番簡単に使える方法が仰向けになりお腹を引っ込める事です。

この引っ込める際に息を吸いながら引っ込めて下さい。

大きく息を吸って肋骨が広がるイメージでお腹は思いっきり内側へ力を入れます。

ただ吸って胸を膨らますだけでなく、出来る限りお腹をぺちゃんこにするのがポイントです。

そして息を吐きながらお腹の引っ込めはキープします。

吐ききるまでそのままキープです。

吐ききったら力を抜き、また吸うところから繰り返します。

これを10回程度続けて頂ければお腹のインナーマッスルの反応は出てきます。



是非皆様も試してみて下さい!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon