お腹のお肉を落としたい⇒腹筋トレーニングは間違い!?

今回は女性のお客様から1番よく聞くお腹の脂肪を落としたいというご要望について書いていきたいと思います。

男性からも腹筋割りたいというのは多いですね。


お腹周りを痩せたい、腹筋を割りたいという理由でフィットネスに通っている方のほとんどは腹筋トレーニングをされている事と思います。

ですが、本当に腹筋トレーニングをする事でお腹周りの脂肪を落としたり腹筋を割れるのか。




答えは❝ほぼNO❞です。


えっ!?と思われた方、では今まで頑張ってきた腹筋は意味なかったの?と思った方。

ご安心ください、「ほぼ」です。

勿論、腹筋を鍛える事は意味のある事ですし、お腹痩せや6パック作りにも大切な事ですが、お腹痩せや6パック作りに1番マストになる事ではありません。

やらなくてもお腹の脂肪を落とす事は可能です。

お腹を割るのも出来ます。


では本当に必要な事は何なのか。


まず、お腹痩せの方からですね。

お腹周りの脂肪を落とす為に一番大切な事は何よりもカロリーの節制と栄養のバランスです。

お腹周りだろうがどこの脂肪だろうが皮下脂肪を落とすという事は根本的なダイエットをする事に他ならないという事です。

痩せたい箇所をトレーニングすればその箇所の皮下脂肪が減っていくのではなくあくまで身体の中のカロリー収支で皮下脂肪は燃えていきます。


でも痩せていってもお腹だけ落ちないのという方もいらっしゃると思います。


痩せていくうえでどの皮下脂肪から落ちていくのかは大体決まっていてお腹は最後になる事が多いのです。

皮下脂肪が身体につく理由は以前解説しましたがつく箇所に関しては、皮下脂肪の機能である保温と保護をしなければならない箇所に優先的についていきます。

痩せていく時は保温と保護を優先的にしなければならないところが最後に残っていきます。

お腹周りというのは内側に臓器があり、女性は妊娠をする身体の作りなので頭部(脳)と胸部(心臓)と同じくらい最重要箇所です。

ですが頭部と胸部は頭蓋骨、肋骨と骨でカバーされています。

腹部にはそれがないので自ずと皮下脂肪を蓄え守らなければならなくなります。

なので1番最初に脂肪がつきやすく最後まで残りやすい箇所なのです。

男性で言えば10%前半、女性で言えば20%前半くらいまで体脂肪率が落ちてきて減り始めるといったところです。


ですが、落ちやすくする方法はあります。


それが腹筋のトレーニングです。

腹筋は元々が物凄く薄い筋肉です。

それをきちんと鍛えてあげることによって少しずつ厚みが出ます。

そうすると、お腹の筋肉でお腹周りを守れるので皮下脂肪はいらなくなります。

筋肉量がついてくれば熱生産量も上がるので保温の為の蓄えもいらなくなります。


つまり、あくまでお腹であろうがどこであろうが脂肪を落とす為にはカロリーの収支が合わないと落ちてはいきませんが、お腹のトレーニングをする事で落としやすくは出来るという事です。


続いては6パックを作る為の事ですが、何よりも大切な事は痩せる事です。

だどなたでも腹筋の6パックは持っています。

それが皮下脂肪で埋もれて見えなくなっているだけです。

腹筋を割るだけであれば割れ目が見えるようになるまで皮下脂肪を落としていくだけです。


ですが、腹筋をきちんと鍛えておくとその皮下脂肪がおちて腹筋が見えてきた時時きkとtによりくっきり線や溝が入ったりパック自体が大きくなったりします。

鍛えられている人の方が同じ皮下脂肪でも見えやすくなったりもします。


これも先ほどの話同様に腹筋を鍛えるだけでは腹筋は割れませんが割れ目が見えやすくなったり痩せてきた時に綺麗に見えたりすることが出来ます。


以上がお腹周りの脂肪や6パックについての腹筋トレーニングでした!!

体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon