お尻が緩む歩き方していませんか?

いつもご拝見頂きありがとうございます。


トレーナーの内田です。


まだ少し肌寒い日が続きますが徐々に気温も上がり春っぽい気候になってきましたね!

以前、春はダイエットに適した季節という記事を書きましたが、暖かくなり少し薄着になってくると目立つのが「歩き方」です。


歩く姿勢が美しい事は言わずもがな大切な事ですが、普段の歩き方によってお尻周りの形が崩れ弛んできます。


ダイエットで皮下脂肪を落とす、痩せていく事も大事ですが普段の立ち方や歩き方の筋肉の使い方も同じくらい大切です。


具体的に歩行姿勢や歩く際の脚の力の入れ方で変わってくる部分は、

〇お尻と脚の境目

いわゆるヒップアップですね。歩き方がしっかりしていないとお尻は垂れてきます。

〇お尻のえくぼ

歩く際の力がきちんと入っていないとこれが出来ません。

〇脚の前側と外側のハリ

間違った歩き方を続けているとこの2方向に脚が張って膨らんできてしまいます。


正しい歩き方で形の整ったお尻と脚を作っていきましょう!


↓悪い例


人は歩く際、片脚のみで身体を支えます。

この片脚立ちになった状態の力の使い方が大切で、身体を支える為の正しい力が入っていると骨盤は左右が平行に保たれます。

しかし、力が抜けてしまっていると立っている脚側の骨盤が上がり、お尻が身体の外側へはみ出る形になってしまいます。

歩くたびにお尻が左右に振れている状態ですね。

これを続けていると外に振れる重心を支える為、太ももの外側の筋肉が張ってきます。

更に歩く為の推進力を生む筋肉はお尻周りなのですが、この力も使えなくなるので太ももの前側の筋肉で歩こうとするので前側も張ってきます。


こうならない為には、骨盤の平行を保つ為のお尻の外側の筋肉がマストになります。

以前のブログでも出てきた「中殿筋」です!

この記事に書いてあるように中殿筋を鍛える事は勿論大切です。


それに加え歩いてる時や立っている時に使えるように練習する事も大切です。


壁に向かって腕を伸ばし手のひらを当てます。

身体は手によりかかりすぎずまっすぐ立ちます。

その状態でゆっくり片脚を前に上げます。

その際に立っている側のお尻が外にぶれない事と上半身が傾かないように気を付けます。

ポイントは足の裏で地面を押すように力を入れる事です。

ゆっくり元の位置に脚を下ろし、反対側の脚で同じ事を繰り返します。

これを10回程度ゆっくり行うと使えていればお尻の外側辺りが疲労してくるはずです。




ご自宅でも簡単に出来ると思うので是非皆さんもレッツトライです!


キレイな立ち方、歩き方を目指していきましょう!!


体験コース

簡単なカウンセリング、トレーニング、施設の説明(60分)

1ヶ月体験コース

​継続的なトレーニングをしっかり実感して頂くコースです

[料金」

体験コース : ¥5,500

1ヶ月体験 : ¥19,800

女性のためのボディメイクサロン COCO LIGHT〒158-0094

東京都世田谷区玉川2-15-13 ヴァレンナ3B

Tel・fax : 03-6805-6950

平日: 9:00〜20:00 (最終受付 19:00)

土曜: 9:00~19:00 (最終受付 18:00)

日・祝日 : 休店日

info@cocolight.tokyo

© 2019  COCO LIGHT. All Rights Reserved. 

  • Black Instagram Icon